だべって沖縄

人気記事ランキング

ホーム > 葉酸サプリ > 理想的な葉酸の摂取量は?

理想的な葉酸の摂取量は?

妊活中の女性に対して、厚生労働省の勧告により、葉酸の適切な摂取が求められています。葉酸は胎児の正常な細胞分裂に働きかける栄養素で、妊娠初期に適切に葉酸が補給されないと、例えば、神経管閉鎖障害に代表される先天的障害が発症する危険性があります。

もちろん、葉酸を摂取したら確実に発症を回避できるのかと言うとそうではありません。ですが、可能な限りそのリスクを低減するために、妊娠する前から妊娠3か月までの期間は、普通の食生活で賄われる葉酸にプラスして、栄養補助食品を活用しながら、1日400μg(0.4mg)を目安に葉酸を補給することが、厚生労働省により推奨されています。不妊を考えるとき、ストレスは無視できないでしょう。

生殖ホルモンのバランスがストレスにより崩れると、妊娠を妨げる種々の症状を引き起こすことがあります。妊娠を望む家族の声や、焦りといった感情が不妊治療とあいまってストレスになるパターンもあって、ますます追い詰められるという繰り返しも、ないわけではありません。

神経質にならないよう周囲や本人が気分転換することが、不妊治療には大いに助けになると思います。ところで、葉酸とはどのような栄養素なのでしょう。葉酸は、ビタミンBの一種で、ほうれん草あるいはブロッコリーなどに含まれている事で有名ですね。

妊娠前から妊娠3ヶ月ごろまでの妊婦さんにとって、特に摂取を心がけてほしい栄養素で、摂取することによって、赤ちゃんが流産してしまったり、あるいは先天的な障害を負ってしまう可能性を下げてくれるとの研究成果が出ています。

理想的な葉酸の摂取量について、厚生労働省が発表したところによると、妊娠の初期の段階で400μg(一日当たり)の葉酸を摂ることが良いとされていますので、サプリメントを活用するのも賢い方法だと言えます。